私有財産を確立するのが共産主義です

サポーターの1人に、資本論の研究者のような人がいて驚きでした。
写真は、そのサポーターの方と先日の国会前行動で会ったときの資本論トークのようす…シュール&マニアックです(笑)
a0264677_16273482.jpg
そういえば、今日の会議でおもしろい話を聞きました。50年間も赤旗新聞をとりつづけてくれ、選挙では共産党以外は入れたことないという人が、初めて共産党の綱領を読んだというのです。そして感想は「私有財産を没収しないって初めて知った」


なるほど。心底共産党を信頼している人でも「共産主義=私有財産の没収」と思っていたのですね。確かに旧ソ連など見ていればそれは無理もないと思います


あらためて私たちが、将来どんな共産主義をめざしているのか、日本共産党綱領の第5章から引用しておきます


「社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である。社会化の対象となるのは生産手段だけで、生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される」


「生産手段」って難しい言葉ですが、商品を生産するための原料や工場や機械などのことです。いまの資本主義社会では、これをごく一部の資本家が独り占めにして、自分たちのもうけ本位に生産をします。これが貧困と格差を生み出し、あらゆる社会のゆがみや、地球環境の破壊にまでつながっています。


だから、この生産手段を社会の手に移して、管理や運営をするのが社会主義のポイントになるという話です。つまり社会のみんなのものにするのは、この生産手段だけで、それぞれの財産はちゃんと保障しますよと謳っているわけです。これはいつの段階でも、そして量の大小にかかわりません。


実はこれ、社会主義の元祖であるマルクスやエンゲルスも明らかにしていたことなんです。確かにマルクスたちも最初は「私的所有の廃止」を目標にしていましたが、研究を進めて資本論を仕上げる過程で大きく発展しました。


国会前の資本論トークでは、ここの話にはなりませんでしたが、資本論第1部から引用します

「この否定〔資本主義的私的所有の否定〕は、私的所有を再建するわけではないが、しかし、資本主義時代の成果―すなわち、協業と、土地の共同占有ならびに労働そのものによって生産された生産手段の共同占有―を基礎とする個人的所有を再建する」


非常にむずかしい言葉ですが「資本主義的私的所有」っていうのは、先ほどもいった資本家が独り占めにしているということです。つまり、それは否定されて生産手段はみんなのものになりますよと。そして最後の一文では、これを通じて「個人的所有を再建する」といっていますでしょ。


さらに、資本論が刊行されて(1867年)から間もない時期に「労働者から財産を奪う」という攻撃がインタナショナル(国際労働者協会)に加えられたときに、エンゲルスが行った演説というのがありまして、マルクスエンゲルス全集から引用します(17巻p615)


「インタナショナルは、個々人に彼自身の労働の果実を保障する個人的な財産を廃止する意図はなく、反対にそれ〔個人的財産〕を確立しようと意図しているのである」


そう。個人的財産を確立するってハッキリいっているんですね。旧ソ連はじめ「社会主義国」と名のつく国は、確かに没収しました。これは大きな誤りであり、本当に罪深いことだと思います。


いろいろと小難しいことを書きましたが、日本共産党の綱領は思いつきや皆さんに気に入ってもらえるように「私有財産を保障する」といっているわけではなく、そもそもの理論を研究し、それを踏まえていっていることをご理解いただければありがたいです。


それにしても「残業代ゼロ法案」とか「消費税10%増税」などなど、国民から私有財産を奪っているのは安倍政権の方だと思いますね、わたしは…



[PR]
トラックバックURL : https://zaian7.exblog.jp/tb/237964628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-08 23:37 x
資本論からの引用部分は、「否定の否定」の法則ですね。そういァ、小池ゆり子氏がアウフヘーベンという用語を、希望の党にまつわる会見のときに使ってましたっけ。弁証法の法則は、「弁証法」という用語自体が小難しそうで、敬遠しそう。ほんらいは「対話術」というのが、語源だと思うけど、日本ではよく難しい言葉にしてしまう。だけども、希望の党が民進党を吸収しようとした過程で、「否定の否定」の法則の具体例を目の当たりにしました。つまり、民進党がいったん希望の党に吸収されようとする。第一の否定です。それに反発して、立憲民主党が出来る。第二の否定です。立憲民主党は、民進党から生まれながら、それを否定したところで存在しているが、民進党のよい部分は受け継いでいるのでしょう。そう期待したいものです。なお、ながいあいだ、いわゆる左翼はださいという評価があって、資本論の話などで、話し合えるひとなんていなかったな。(アレルギーの探究はつづく。特効薬はない、を支持する)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-09 00:04 x
追加:マルクスが「私有財産の廃止」といったことがあるとすれば、それはもともと庶民には財産などなく、一握りの人々に「私有」というかたちで財産が集中してたからじゃないかな。いまでも基本はそうだけど。だから「私有財産の廃止」といっても、そもそもそれが無い人には、奪われるおそれもないわけさ。だけども、社会が発展して、労働者もいくばくかの財産をもつようになり、市民社会も範囲がひろがり、またそうでなければ、資本家にとって労働者の再生産が不可能になった歴史的段階で、「私有財産の廃止」なんていわれれば、労働者も市民もこわがるだろうね。マルクスの考え方は、もともと、一握りの巨大財産家のためではなく、大多数のための社会の樹立にあったのだから、これもいわれなき誤解、いわゆるアレルギーの要素のひとつだろうね。では、おやすみ。
Commented by kouzai2007 at 2017-11-09 15:42
> ゆるサポくんさん
いろいろおっしゃる通りですね。野党間の共闘もかなりやりやすくなったはず。あとは綱引きに勝利しないといけません。私有財産の話は、共産党宣言の時点ではやはり出てきます。資本論の準備のなかで問題意識は発展していったようです
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-10 01:13 x
こういうのありかな。ポジティブにいこう。共産党は、国民の生命はもより財産を守り増やすことに命をかけて闘います。それができるような税や労働や営業や農業や漁業や社会の仕組みをつくります。議席を増やしてください!!
(アレルギーの解消に特効薬はない、を支持する)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-10 01:15 x
訂正 「もより」は「もとより」
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-10 01:22 x
追記 「つくります。」のあとに、「みんなでいっしょにより豊かになりましょう。だから」
Commented by kouzai2007 at 2017-11-10 09:28
> ゆるサポくんさん
タックスヘイブンで逃げた税金で教育を無償化する
内部留保つかって時給1500円にする

あ~もっとわかりやすく…
Commented by haw at 2018-03-20 17:06 x
日本共産党が同じ轍を踏まないわけがない
実験は失敗した
by kouzai2007 | 2017-11-08 17:15 | 共産主義、マルクス | Trackback | Comments(8)

日本共産党品川地区委員長(衆院東京3区予定候補)が共産党を丸ごと知ってほしくて書いてます


by 香西かつ介
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30