マルクスは生きている②

a0264677_12523386.jpg

雑誌でもこうして、マルクス特集の対談がくまれています。

ヨーロッパでは、いまだに最も著名な思想家は「マルクス」です。
なにせ知の巨人ですから

GDPは2期連続マイナス…
いま日本はたいへんな不況。
とくに消費税8%と物価高による「増税不況」といわれています。

不況…マルクスの偉大さは数あれど、この不況・恐慌の原因をつきとめたことも
いまにいきるマルクスの威力です。なにせ、それ以前の経済学者は解明できなかったのですから・・・

「資本主義的生産の真の制限は、資本そのものである」
資本論の一節です

資本主義はなにより「利潤が第一」の社会
より大きなもうけをもとめて、どんな制限ものりこえて、生産規模をひろげようとします。
そして、同じ目的で、労働者からはできる限り、搾り取ろうとします。

儲けたい、儲けなければ、他社との競争に負けてしまう…
新しい商品を開発して、それを売って、儲けよう。

もっと儲けをあげるためには、人件費を抑えよう。
派遣労働者やパート、アルバイトをふやそう
給料は安いけど、正社員と同じように働いてくれ、同じように商品はつくってくれるし、、、
(同じ車や家電でも、派遣労働者がつくったから価格が安いなんてことないですからね
ちなみに、材料コストもカットしようという意思も働くので…リコール品が出たり
ひどくなると、賞味期限切れを隠したり、偽装建築なんてものもありました)

つまり、
たくさん商品やサービスを生産して、多くの人に消費してもらって、儲けたい

同時に
労働者をしぼりとって、コストを削って儲けたい

社長さんいは、この2つの意思が働くわけです。
しかし、この「労働者」というのは、いっぽうで社会の大部分の「消費者」でもあります。

搾れば搾るほど、商品を消費する能力は落ち込む…
ジレンマですね

さらに、ものをつくる資本と、売る資本とが分かれているという問題も大きい
まずは商人が生産者から買う。その商品を商人が売る。2段階にわかれています

生産者からみれば、商人にうってさえしまえば、貨幣を手にいれ、次の生産ができるし、
さらに生産拡大することもできる。じっさいに市場で売れるかどうかは、別の問題。
現実の需要からかけはなれてしまうのです

さらには「信用制度」などというものがありますから、銀行などの手元にある膨大な資金を
投入して、いっそう現実の需要ではない、「架空の需要」をつくりだす。バブルです

労働者の実質賃金はマイナス15か月連続…
圧倒的多数の国民に、モノを消費する能力がなくなって、需要が落ちているのに
消費税をあげ、さらには残業代ゼロ、派遣労働法改悪などで、さらに搾り取る。

アベノミクスがまだ回ってこない」なんて呑気なことをいっている場合ではありません。
大企業から沁みだしてくるどころか、労働者、国民から搾り取っているだけです。

大株主や大企業を応援するアベノミクスではなく
くらし第一の経済への転換

大企業の内部留保を数%活用して
賃金1万円あげる、中小企業支援して時給最低1000円以上に
正社員が当たり前の日本をとりもどす。。。

共産党の総選挙政策の大きな柱には、
マルクス以来の労働者、国民中心の経済学の力が働いています

賃金1万円上がれば、、、
外食や洋服を買う。タクシーにも乗る

安定した賃金を得られる人が大多数になれば、
結婚して子どもをもち、家庭をもてるようになる
家電製品を買い、マイカーやマイホームをもつようになる

大企業にとっても国内がまともに利益をあげれられる市場になる
いい提案ではありませんか?

経団連も自民党に献金なんかやめて、
賃金あげたらいいのです。

そのためにも、この選挙で、企業団体献金うけとらない
日本共産党を伸ばし、くらし第一の経済への転換の大きな力にしましょう
[PR]
トラックバックURL : https://zaian7.exblog.jp/tb/20447713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ST at 2017-11-03 11:25 x
私はマルクスの資本論よりも正しく「アウフヘーベン」出来ているリチャード・ヴェルナー氏の理論のほうを支持していますが…
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:01
> STさん
マルクス以外にも偉大な理論家はたくさんいますよね。ただ200年以上も前の思想や理論が、いまだに「偉大」といわれるのには、それなりの理由があると思います(イギリスのBBC放送の世論調査では過去1000年で偉大な思想家のアンケートをしたら断トツでマルクス)。資本主義のもっとも根幹を明らかにした人ですから、21世紀に生きる私たちがに、大きな示唆を与えてくれていると思います
by kouzai2007 | 2014-11-30 12:55 | 共産主義、マルクス | Trackback | Comments(2)

日本共産党品川地区委員長(衆院東京3区予定候補)が共産党を丸ごと知ってほしくて書いてます


by 香西かつ介
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30