「共産党アレルギー」の特効薬

前回は、どうして私たちが党名を変えないのか考えてみました。思いのほか、たくさんのうれしい感想をいただいています。同時に「初めて投票したけど『共産党』と書くことに、漠然とした抵抗感があった」「共産党と聞いただけで…」という方もいらっしゃいました。

a0264677_10434817.jpg

この顔にそんなに抵抗感ありますかね?怖くないでしょ?


まあ、そうはいってもね、わかりますよ。私だって今では電車の中でどうどうと「赤旗」を広げてますが、入ったばかりのときはまわりの目を気にして、不破さんの本などは必ずブックカバーをかけたり、表紙を裏にかけてわからないようにして読んでいたものです。


今日はこの「共産党」にたいする抵抗感、アレルギーについて考えてみたいと思います


まず、やっぱりマスメディアの報道です。中国共産党の党大会、北朝鮮によるミサイル発射、世の中で「共産主義」といわれている国々の許しがたい暴挙、あるいは大きな懸念を抱かざるを得ないニュースが連日報じられています。BS-NHKで俳優が世界を旅する番組の東欧編では、必ず共産圏時代の爪痕がいかに大きいかを紹介します。


前のブログでも書いたように、私たちが描く未来社会、共産主義の本来の内容、すばらしさをそもそもから理解してもらわなければ、根本的には払しょくできないと思います。しかし、圧倒的多くのみなさんに、そのことを伝えることができていません。


もちろん私たちの力不足なのですが、日本の巨大マスメディアの威力は本当に大きい。どうしても、こうした国々と十把一絡げにされてしまいます。こうした中で「選挙では共産党と党名を書いてください」といっても、それはかなりハードルが高いことになります


さらに、メッセージをいただいた多くの方から出されている「漠然とした抵抗感」というやつです。「とくに家族や親せきに悪くいう人もいなかったけど…」と前置きされている人もいました。いったい、これはなんなのでしょう
a0264677_10021715.jpg
わたしの尊敬する大先輩、市田忠義党副委員長(参院議員)


「アカにだけはなるな…」そうお母さんにいわれて育ったそうです。市田さんは、1942年の戦中の生まれ。8人の兄弟姉妹のうち4人を、戦争や栄養失調でなくされています。お母さんの嘆きはいかほどだったか…


「アカ」…これは共産党の旗が赤いことから、共産主義者を差別的に呼ぶときの言葉です。日本共産党は1922年に結党しますが、当時の日本では、非合法とされました。さらに治安維持法という法律では「国体を変革する」ことを目的に、組織をつくったものは「死刑または無期懲役」とされました。


「国体」とは、天皇絶対の当時の国のあり方そのものです。当時の日本共産党は、共産主義をめざす前に、国民主権の世の中を日本で実現すべきと主張し、行動しました。つまり「国体を変革」しようとしたのです。当時の日本では、共産主義をめざすよりも国民主権、民主主義をめざすことのほうが罪は重かったのですね。


吉永小百合さん主演の「母べえ」をご覧になった方はあるでしょうか。文学者だった「父べえ」は共産党員ではないけれど、反戦思想をもつ人物として逮捕されてしまいます。こうして当時は思想を罰したのです(共謀罪が現代版治安維持法というのはこの点です)。


こうした世の中で、堂々と正面から「国体変革」を目的に活動していた組織は、日本共産党と共産青年同盟しかありませんでした。つまり、当時の日本政府にしてみたら、この組織が広がってしまうことが本当に怖かったわけです(マルクスの共産党宣言も「共産主義という妖怪がヨーロッパを歩いている」で始まります)


したがって非合法にして「アカ」と侮蔑的な言葉を投げつけ、差別して「怖いもの」という意識を社会に浸透させるために躍起になりました。逮捕され、虐殺までされた人も大勢います。殺されないまでも、拷問を受け、思想をかえることを強制される。釈放されても犯罪者として世間から白い目でみられる


いまだに「共産党」と文字に書くとき、手が震えるという話も聞きます。


先日、子どもの学童保育がいっしょのお母さんとの会話の中で、よそのマンションの公園で、子どもを遊ばせていたら、そのことをよく思わない住民の1人に文句をいわれたとのこと。それに抗議をしたら「お前はアカか」といわれて、何のことかわからなかったけど、とてもイヤな気持ちになったという話を聞きまた。(スジを通そうとする姿勢、ただしくないものに屈しない姿勢を評価しているとも言えますけど)


多少、時代錯誤な感じはありますが「共産党=怖いもの」という意識は、現代の私たちの頭の中にも、いろんな形で刷り込まれているのだと思います。


こうした意識を乗り越えて先の選挙では、400万人以上みなさんに「共産党」と書いていただきました。これはすごいこととも思えてきます。いやいや、その前は600万人以上でしたし、いちばん多いときは800万人以上のみなさんに選らんでいただいたこともあるのです。もちろん、ここに甘んじているわけには絶対にいきません。


それにしても、自由と民主主義を求めて命をかけてたたかったのに、逆に誤解や偏見にさらされる…なんて理不尽なんだろう…みなさん「白バラの祈り」って映画ご存知ですか?同じ時代のドイツで反ナチスの運動(白バラ運動)をやり、逮捕され処刑された学生達の実話です。


この運動のリーダーだった、ハンス・ショルとゾフィー・ショルという兄妹は、今では英雄として、ドイツの誇りとして、各地の学校で冠名にされています。つまり日本でいえば「小林多喜二記念小学校」とか「伊藤千代子高等学校」といったところでしょうか。日本は戦後もあの侵略戦争を美化する勢力が政治をやっていることも、反共偏見という点からみても大きいのかもしれません。


結論
ここまで読んでいただいて、申し訳ありませんが、「アレルギーの特効薬」はないと思います。


まず共産党員が「人として信頼される」ことが大事な気がします。この点では、本当に多くの党員のみなさんが努力をされていて頭が下がります。そして政治の世界で果たしている役割や、私たちが安倍政権を倒して、どんな日本社会をめざしているのか、さらに本来の共産主義を知ってもらうこと。これを日常的にお伝えするしていく活動を広げるよりほかにありません。


最後に
「アカにだけはなるな」と仰っていた、市田さんのお母さんは、89歳で亡くなる直前に共産党に入党されます。子どもたちを奪った憎い戦争に立ち向かったのが共産党だと知ったことがきっかけだったそうです。本当に感動的なお話しです


[PR]
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-03 17:40 x
特効薬はない、を支持します。気長にやってゆきましょう。
(それでは、ほんとにジ・エンド)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-04 08:13 x
こうして、いろいろ反響があるということは、御党が無視できない存在として認められているということです。期待されているのです。
御党も、「中国共産党、北朝鮮とは違うということを説き続けることに」さぞかし疲れていることでしょうね。市民のなかでも、それを説き続けてくれた人々がいたことは、ありがたいことですね。御党は、疲れても、引き続き「中国共産党、北朝鮮とは違うということを説き続ける」努力をなさるでしょう。その理由が存在する限りは。
レッドパージは、御党がしたものではなく、されたほうですから、同情があってしかるべきです。「アレルギーの原因は、…もっと現実的なもの」という場合の現実的なものは何でしょうか。それを探求し、対策することと、特効薬がない、ということは両立するはずです。
野党との連携は、進んでいるようです。しかし、またいつ「排除」が起るかも、だれも予想できません。それでも、「野党共闘」は求め続けていくべきでしょう。
香西さんは、アレルギーを無くする努力を放棄したわけではなく、だからといって、それがたちまちのうちに雲散霧消してしまうような魔法の特効薬はない、ということを言いたいのではないでしょうか。特効薬探しは、青い鳥を探すことになります。こっちの水は、けっして甘くはありません。ゆるサポくんは、だから、特効薬はない、を支持します。(また、コメントしてしまいました。これが最後?)
Commented at 2017-11-04 11:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-04 11:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-04 11:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coconyer hashimo at 2017-11-04 12:42 x
党名の回にも、ほぼ同様のコメントをさせていただきました
前回、今回のブログを読ませていただき、
私はそれほど共産党という名前に恐ろしさがあるわけではないですが
それでも「日本共産党」という名前は世界の他国の共産党の日本支部のようなイメージが強いので
「共産」を残して変えることは考えられませんか、「元祖共産党」とか
「頑固共産党」とか 「原理共産党」とか
「民主共産党」とか「共産民主党」とか…

共産主義を第一に打出しても、世界でもあまり成功例がない(キューバくらいですか)ので、現状否定や理想論に聞こえ、あまりアピールしないと思います
資本主義自由主義は清濁合わせながらも、現状を治めている現実論です、自己責任や競争論理が強すぎるところを軌道修正する
修正資本主義でやっていくほうが現実的ではないかと思います
共産主義は宗教のようにも思います
現実的に政策では集票できる党なのに、こだわりや自己満足で、得票できず議席をのがす党しか受け皿がないとしたら、
投票する側の私たちも不幸だと思います
Commented by 青木建 at 2017-11-04 14:35 x
だから、89歳で自分は後はどうにでもなっても良いと思えるまで、かけなかったんですよ。
共産党アレルギーに特効薬はないと、自分達が結論付ける前に、広告代理店等の外部からの分析を得て対応して下さいよ。
一つ前のブログに我々はソ連とも中国とも違う!同じ苗字の田中さんがウンタラ書いてましたよね。
私等からしたら、学校で、共産主義は負けた。ベルリンの壁崩壊。ソ連中国では酷い事が民衆に行われていた、、、って事でしかない。同じ苗字の他人の田中さんではなく、親戚にしか見えないんですよ。
その当たり前をスルーしないで下さい。

自民党はAKBを改憲工作員に投入してきましたよ。敵ながら見事な戦略です。
オタク票ガッツリですよ。

選挙に来ない人には、ご高説だけじゃ無理ですよ。そんな事には興味ない子供だと思わないと。

子供に話聴いてもらうには、チャーミングな名前の可愛いお姉さんが、オッパイチラ見せして、風船と飴玉用意したいと。
Commented by 青木建 at 2017-11-04 14:45 x
追伸
赤旗新聞って名前もどうにかして欲しいです。
家に置いてあるのをガールフレンドが見つけたら、ドン引きで実害がありすぎです!!
政策は賛同してますし、応援してるのですが、有権者からしたらイバラの道過ぎます。
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:12
> ゆるサポくんさん
おっしゃるとおりですね。党名問題でさまざまな反響があるということは、初めて投票していただいた方がさらに増えた証拠だと思います。さらに努力が必要ですね
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:18
> 福留敬さん
具体的な党名の提案もいただき、ありがとうございます。
「人として信頼される」というのは、本文でも書きましたが、いまの党員のみなさん本当に努力されていることです。私は自分が所属する地区の党員をリスペクトしています。そのうえで、今回の選挙結果をふまえて、どうやって共産党を広い層のみなさんに、選んでもらうのか(消去法ではなく積極的に)を考えたときに、さらに大事なことだと思って書きました。

一発で解消されなくても、その近道はあるでしょうし、その努力をやめるものではありませんから、ぜひお力をおかしください
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:26
> coconyer hashimoさん
具体的な党名の提案をありがとうございます。
修正資本主義…やはり私たちは違うんですよね。おっしゃるとおり、自己責任や競争原理の社会…本当に異常な社会になっています。ルールある経済社会をつくることによって、この歪みをただすことで、大抵の問題は解決できるとも思います。しかし、なおかつ問題は残るんです。資本主義である以上は貧富の格差はなくなりませんし、南北問題、地球温暖化…やはり資本主義が最高のしくみではないと思いますが、どうでしょう
Commented by 小田和夫 at 2017-11-04 16:32 x
私は若い頃は共産党は嫌いでした、なんか共産党と云えば中国や北朝鮮をイメージしていました、なので選挙の時はいつも自民党に入れてました、時がたち私は介護の仕事に付きました2級ヘルパーです、その時に維新の会が出来て橋下徹の演説を聞きこの人ならと思い投票してしまいました、所が橋下は大阪府知事になった途端に福祉に係る金を削り出したんです、やられた騙されたと言う気持ちになりそれから維新と橋下を嫌いになりました、ある時共産党の街宣演説を聞いていたら、しっかりと福祉の事や障がい者の事を言っているので、もしかしたら共産党もいいかもと思う様になりました、そして私なりに調べたら中国や北朝鮮は共産国ではなく独裁国家だ、本当の共産主義を目指しているのは日本共産党と知りました、63歳ごろに65歳になると介護保険に以降しかつ1割の負担が強いられると知り、今まで障がい者の介護費用は無料だったのにこれは可笑しいと思い、市役所の障がい者支援室に何度も何度も話し合いをしましたが、規則ですからとの一点張りです、そんな時生協病院の運転手がええ人紹介したるはと紹介してもらったのが、市議会議員の内海さんです、内海さんは一緒に支援室に行って下さり室長等と話し合って下さり今の私の生活が送れています、今度内海公人さんは府議会議員に立候補なさいます、今の私は頸髄損傷者ですので郵便選挙ですので投票用紙が届いたら、内海公人と書いて選挙管理委員会に送ります。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-05 00:23 x
>だから、89歳で自分は後はどうにでもなっても良いと思えるまで、かけなかったんですよ。
>赤旗新聞って名前もどうにかして欲しいです。
など、それぞれまじめに、共産党とか赤旗とかいう用語をめぐって、叫びがあがっています。それぞれに、共産党にたいする、なにかしらの「抵抗感」、あるいは「拒絶感」が伝わってきます。それは、いまわたしたちが生きている社会を根本から変える目標をもつ「日本共産党」という存在を、ほんとに信じていいのかという不安があるからと思います。それを御党が理論的に論破することは、あるいは、かんたんかもしれない。それも必要です。しかし、「論破」や「説得(せっとく)」でなく、「説明(せつめい)」が必要です。「論破」や「説得」は、ときに「上から目線」になることがあります。「前衛」という言葉に拒否感を抱いた意見もありました。でも、たしか御党は「前衛」というスタンスは克服したんですよね。雑誌の名前はまた別ですから、いっしょくたにしない方がよいと思います。だから、くりかえし「説明」です。その「説明」をもとに、みなさんにも考えていただきましょう。市民それぞれが、自分で答をつきとめることができる力をお持ちなのを信頼しましょう。でなければ、アレルギーは、永久になくなりません。また、人間は理性もありますが、感情もあります。理解には、理論的理解だけでなく、感情的理解もあるでしょう。香西さんがおっしゃった、党員ひとりひとりが人間としてみんなの信頼を獲得する努力は、これに通じますね。
 天体が動いているのではなく、地球が動いているということを聞いた当時の人々は、おったまげたに違いありません。わたしたちも、学校で習わなければ、地球が動いているなんて、信じること出来ません。じっさい、家の前に立ってごらんなさい。いまでも地面が動いているなんて実感できるでしょうか。動いているのを実感できるのは、大きな地震のときだけです。この地動説を唱えただけで、ガリレオは裁判にかけられました。でも、ぶつぶつと、言いました。
「それでも地球は動く」ってね。(また、コメントしてしまいました。約束は破るためにあるんでしたっけ?ん?)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-05 10:29 x
いろいろコメントした方のご意見を考えてみると、共産党アレルギーのひとつは(あくまでひとつです)、共産党に原因があるというより、共産党の考えに少しでも共感したり、それを公言すると、「おまえはアカだ」といわれるのじゃないか、ということに対する不安の現れのようなところがあります。多喜二が虐殺された写真などをみると、「おれもあそまで覚悟しなきゃならないのか」と、おびえることもあります。しかし、戦争に反対しないで、戦地にいったひとたちの多くは、餓死しました。冷たい地面の上で。草むらの中で。すぐにうじがわきました。その光景は、あるいは、多喜二の写真よりも悲惨だったのじゃないでしょうか。アレルギーの探求はつづきます。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-05 14:40 x
だから、別なたとえ話を出すと、ある町に暴力団がいました。その暴力団にみかじめ料を払わない勇敢な人がいました。その人が、みなさん協力して、暴力団を追い出しましょう、と訴えます。それは正しいことだが、それに賛同すると、自分が暴力にさらされかねない。だから、その協力の呼びかけに応じることから引いてしまう。その反映として、暴力団に立ち向かっている人に、アレルギーを持ってしまう。しかし、立ち向かっている人は、いいひとなのさ。だから、怖いのは、その立ち向かっている人ではなく、暴力団の暴力なのだよ。そりゃ、たしかに怖いよね。それが、なんか「アレルギー」のようなものにみえて、近寄りがたい、となるわけ。アレルギーは、自分の恐怖心の鏡だよ。なので、自分のなかで煩悶するわけさ。ただしこれ、あくまで一例だからね。誤解なく。ほかにもいろいろあると思うからさ。それで、ふたたび特効薬はないを、支持します。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-05 23:20 x
>赤旗新聞って名前もどうにかして欲しいです。
> 家に置いてあるのをガールフレンドが見つけたら、ドン引きで実害がありすぎです!!
> 政策は賛同してますし、応援してるのですが、有権者からしたらイバラの道過ぎます。

青木建さんへ。ということは青木さんは赤旗とってるわけね。すげーじゃん。それで、ガールフレンドもいるなんて、最高じゃないっすか。
あんたの彼女なら、どんびきなんかしねえんじゃないの。政策は賛同して、応援してるなら、それでいいよ。
イバラの道なんて、そこんとこを避けずにどんどん進んでいけば、彼女からもあらためほれなおされるっぜ。
じゃ、彼女によろしく。赤旗とってるって、ほめられたと、いっとけよ。実害を赤旗のせいにすると、かえって逃げられるぜ。(アレルギーの探究はつづく)

Commented by ゆるサポくん at 2017-11-06 22:43 x
前回は、共産党アレルギーが、共産党のせいではなく、アレルギーを感じる人自身の不安の現れではないか、ということを書きました。もちろん、それは、そのかたのせいではなく、社会のなかに、そう感じさせるような環境があるからです。ただし、アレルギーを感じているかたには、嫌味に聞こえたかもしれません。でも、暴力団の例で説明したように、その暴力に公然と立ち向かう人は、さいしょは少数派でしょう。むしろ、多くは、かげにひそんで様子見ってところがいっぱん市民ではないでしょうか。
 今日は、共産党がときに持つかもしれない、「反共攻撃」に対する共産党による過剰なアレルギーを考えてみます。共産党にたいする市民からのアレルギーではなく、共産党側のかたが、市民のかたにもつアレルギーです。共産党も、血の通ったひとびとのあつまりです。党員も、そのすべてが完全ではないでしょう。むしろ、そう思いはじめたら、それは宗教集団になってしまいます。(神を信じておられる方のことを言っているのではないので、誤解なく)。共産党のかたも、資本主義の世界で生きている限りは、その影響を受けざるをえません。そう考えるのが自然です。だから、共産党にあるまじき共産党員がいたとしても、とっぴなことではないのです。共産党であれば、すさまじい「反共攻撃」にさらされるのは当然ですし、それと戦うことは、当然でしょう。ところが、それがみさかなく、ちょとでも共産党の文句をいったら、「反共」と決めつけるのは、よくありません。いっぱん市民が、もしそういうことに出くわしたら、共産党に期待しているひとほど、「やっぱり共産党はこわい」となるのも当然です。だから共産党アレルギーって、多面的です。共産党も、いっぱんの市民も、対等の立場で、どちらが偉いとかではなく、同じ敵にたちむかう、それが今、必要とされているのではないでしょうか。(アレルギーの探究はつづく)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-06 22:47 x
削除用パスワードの入力の途中で送信されてしまいました。たしか、最初の三ケタまで入力したかと思います。同一人物のゆるサポくんです。
Commented by 青木建 at 2017-11-08 13:38 x
先づ私は共産党を支持し、信じています。唯そうなるのに私の場合、良さそうだ!から投票行動に移るまで20年かかりました。

党名の共産党や赤旗新聞は、党の看板であると言うのも、それを95年間守った誇りもあると思います。

唯、説明をし続ける努力とありますが、今までの結果が現在なんです。

対して自民党は自由と民主って戦後の日本人にとって一発で分かりやすい。

広告的見地から見ると、人は殆どの広告なんかに興味がない。だから、一発で分かりやすい(つまり説明要らず)のモノが良いとされているのです。
興味の無い人からすれば、説明=ウザイでしかありません。

党名や赤旗を作った95年前と現在の状況が違うので、広告代理店に頼んでCIをしてみては?!と言う事なんです。

江戸時代からある老舗が時代に合わせて、CIをして更なる発展を計るように。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-09 00:22 x
青木さんって、いいかたですね。青木さんのように、共産党のことを心配して、少しでも大きくなるように考えてくれるかたが増えるといいだろうに。
たしかに「自由民主党」ってのは、わかりやすく、そうであってほしいという名前ですよね。でも中身は逆じゃないでしょうか。中身をより正確に表すとすれば、「非自由非民主党」じゃない?だけど、自民党は、がんことして変えないでしょうね。人をだませるから。つまり、一発で分かりやすいけれども看板倒れの党名がよいか、目指す目標に忠実な党名がよいか、そのどちらがいいのでしょう。考えてみませんか。よろしく。党外のものより。(アレルギーの解消に特効薬はない、を支持してます)
Commented by kouzai2007 at 2017-11-09 15:38
> 青木建さん
なるほど…1つのご意見として受け止めます。説明=ウザいもわかります。ただ「見てみようかな」「聞いてみようかな」っていう広告はあるんじゃないかあ…とは思うんです
Commented by kouzai2007 at 2017-11-09 15:44
> ゆるサポくんさん
これまで以上に「党名をかえたほうがよい」という声が出るのは、これまで以上に幅広いみなさんの選択肢になっているということですしね。たくさんの方からご意見をいただきたいと思います
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-10 00:40 x
そのとおり。どんなことでも、受けて立つぜ、どんなささいなことでも言ってくれや。批判してくれや。それが、共産党のこやしに、なるのさ。とくにこちらが間違っているときには、手厳しく言ってきてくれ。待ってるぜ。こちらが間違ってれば、必ず謝る。ということで、勇気ある香西さんの健闘を期待してます。(アレルギーの探究はつづく)
Commented by kouzai2007 at 2017-11-10 09:26
> ゆるサポくんさん
科学的社会主義の科学的って、事実と道理によって検証される態度だと思います。かならず誤りはただします。
by kouzai2007 | 2017-11-03 10:54 | this is日本共産党 | Comments(24)

日本共産党品川地区委員長(衆院東京3区予定候補)が共産党を丸ごと知ってほしくて書いてます


by 香西かつ介
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31