「日本共産党」という党名について

多くのみなさんから、今度の選挙結果をうけて「党名をかえるべき」とすすめられます。


まず、みなさんの善意のご意見に感謝を申し上げます。おおむね「中国や北朝鮮、旧ソ連をイメージしてしまう。実体は違うのだから…」ということですよね。本当にありがたい。日本共産党のイメージアップ戦略をみんなが考えてくれての提案なわけですから。


イメージは大事です。「美味いんだから食えばわかってもらえる」「わからない人は仕方ない」って態度はよくないですよね。いくらアピールしても暗闇で投げキッスしているようなものかもしれない。興味をもってもらう工夫や、悪いイメージを払しょくする努力はどうしても必要です。


しかし、政党の名前は、イメージ戦略だけで考えてはいけない問題でもあるんです。みなさんの善意のお気持ちに感謝したうえで、頑固といわれると思うけれど、どうして私たちがこの名前にこだわるのか、あらためて考えてみたいと思います。少しでもご理解いただけたらうれしいです。


まず、私たちが95年間この名前を名乗ってきたという事実についてです。


これは、名乗り続けることができたといった方がよいのかもしれない。だいたい党の名前を変えるときとは、何か大きなあやまちを犯して、理念や路線をかえて再出発しなければ、国民の皆さんに顔むけができない、再び支持を得られないというときだから。


もちろん、私たちにだって誤りはありました。でも大きな問題(平和や国民の利益を守る立場だったかどうか)でまちがいはなかったと自負しています。つまり95年間、同じ名前を名乗り続けてもよい、その資格のある党だと私は思うのです。


同じ名前のお隣さんが、悪い人だったとして「あなたもその仲間だと思われるから名前をかえなさいよ」といわれても、やはり釈然としない。その悪い人たちが名前をかえるならわかるけど、なぜとばっちりを受けている私たちが?というのが私の正直な気持ちです


共産主義(あるいは社会主義)…これは私たちの描く未来社会の呼称です。19世紀にマルクス、エンゲルスによって、その基礎が据えられました。資本主義を徹底的に分析し(そもそもこの社会を資本主義と名付けたのがマルクス)、自由と民主主義を当時の誰よりも探求しました。そしてこれを人類が生み出した価値ある制度として、共産主義にも引き継ぎ、さらに充実、発展させ、開花させようと考えました。
a0264677_16361838.jpg
写真はリンカーンからのお礼状。アメリカ大統領に再選されたリンカーンに、マルクスが祝辞を書いた、そのお礼です。マルクスは民主共和国として、また世界初の人権宣言が発せられた国として、アメリカの偉大さをたたえたのです。共産主義の権化と”自由の国”との交流。面白いでしょ?


「どうして共産党が民主主義をめざすの?」と何人かの方から質問を受けますが、聞くたびに、旧ソ連の巨悪を思います。あんな自由を抑圧する社会をめざすというなら、私自身が日本共産党をやめますよ(キッパリ)。それに中国…あれほどの横暴はないですよ。核兵器でも領土問題でも、このままのやり方を続けるならば、この国もまた世界の巨悪です。北朝鮮が共産主義?冗談も休み休みいってほしい…


戦前、宮本顕治や小林多喜二をはじめとする先輩たちは、いったい何のために命をかけたのか。絶対主義的天皇制のもとで「国民主権」と「侵略戦争反対」を主張しました。当時「臣民」とされ、何の権利も保障されていなかった国民の「人権」を主張しました。そのために逮捕、投獄され、虐殺までされた。自由のために命をかけた歴史をもつ党が、なぜ自由を抑圧する社会をめざさなければならないのか…


戦前の先輩たちはもっと生きたかった、自由を謳歌したかった。だからこそ、それを抑圧するものと命をかけてたたかった。それが未来につがなるという確信もあったのだと思います。「国民主権」「平和」「基本的人権」…現代では日本国憲法の大原則です。共産党員のみならず、自由と民主主義のために、たたかった人々は存在していた。これは日本の誇るべき歴史だと思います。


同じように、現代を生きる私たちも、未来社会は現代社会よりも、さらに個人が尊重され、それぞれの能力が花開き、発達する社会(=共産主義)になることを確信しています。もちろん今の日本はあまりに歪んだ資本主義だから、これをルールある社会にかえていくのが当面の目標ですし、それ自体が革命的なわけですけれど。


でも、やっぱり資本主義では絶対に解決できない矛盾ってあるんです。これからおいおい書こうと思いますが、それはかなり深刻な問題です。やっぱり人類は資本主義では終わらない。いや終わることはできない。さらによりよい社会が社会主義であると確信しています。人類の歴史のなかで、まだそこに到達をした国はまだ存在していません。


「名より実をとれ」という声も聞こえてきそうですが、かつて資本主義国で最大の共産党といわれたイタリアとフランスの共産党をみると「名は体を表す」ともいえます。


イタリア共産党は風向きを見て、ソ連崩壊の年の大会にいち早く「共産党」の名前も、マルクス主義の理論も捨て「左翼民主党」という党名に。その後「左翼」もはずし「民主党」となり、姿形はなくなりました。フランスは「ソ連の失敗はマルクス主義の失敗」だとして、共産党の名前は残すが、マルクス主義の立場は取らないと発表してから衰退の一途…来年にも消滅することを代表が今年宣言してしまいました。共通するのは、資金面でも理論面でもソ連いいなりだったことでしょう。やはりソ連崩壊とともに深い混迷に陥った結果がこれです。


私たちはスターリン以来のソ連によって、歪められてきたマルクスの理論を、本来の姿に戻し、さらに発展させて、現代の日本社会にいかして活動しています。日本共産党の綱領とはそのエッセンスなんです。”レジェンド”不破哲三氏曰く「科学的社会主義のルネサンス」…まさにです


わたしは、発達した資本主義の国のなかで、本来の共産主義を展望している共産党の一員であることに誇りを感じています。また、その誇りや理想があるからこそ、いまの日本社会を、よりよい社会にかえるために、困難はあってもがんばれる、生きていけるのだと思います。


党名をかえるということは、こうした目標やロマンを捨ててしまうことになります。前述のような、戦前の先輩たちの命がけのたたかいも込められています。95年の歴史の重み、本来の共産主義をめざす理想の重みがある名前なんですね。


時間や労力がかかるのは当然。名前をかえない理由や、本来の共産主義について、多くの人に理解してもらう活動をやりぬくことこそ、共産党の使命だといえるかもしれません。いろんなやり方で、それこそイメージ戦略も練りに練って、みんなに伝えていきたいと思います。


「かえないでよかった」とみんなに思ってもらえるその日まで。

[PR]
トラックバックURL : http://zaian7.exblog.jp/tb/237936956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-01 00:03 x
共産党の名前を変えたら、終わりです。理由はかんたんで、歴史は発展、進化するから。それを意識的にめざす集まりが、共産党であるから。だから、党名を変えたら、これを否定することになる。これはロマンというような情緒的なものではなく、歴史は変化するものであり、未来に向かって進んでいくという、ごく自然で、だれもがのがれなれない歴史の法則を表したものにすぎません。サルから人間になっていくように(まだその途中)、社会が進化するのは、あたりまえのこと。ふだんみんなは、忙しいし、本を読む時間もあまりないので、なじみがないだけ。ソ連の話がよくでますが、ゆるサポくんの経験で、面白いエピソードを紹介しましょう。旧東ドイツに行ったときのこと。紙幣をみると、100ドイツマルクの肖像画がマルクスで、50マルクがエンゲルスだった。なんたることだ。マルクスやエンゲルスは、貨幣の秘密を暴露し、オジェの言葉を引用して、貨幣は「ほおにあざをつけて生まれてくる」と書いたではないか。紙幣の肖像に、マルクスやエンゲルスを使用するほど、不適切なものはない。だから、旧東ドイツの紙幣肖像係は、マルクスについて、なんにも理解していなかったわけです。ははは。むしろ日本では、皮肉をこめて、その点、理解が深い。なにしろ、福澤諭吉が1万円の肖像に使われているから。だから、彼は、明治維新のときに「ほおにあざをつけて」生まれてきたわけです。紙幣の肖像にもっとも適任です。漱石は、ずいぶんまえに、紙幣から姿を消してよかったね。本人は、いやな思いを長年していたと思うよ。吾輩は紙幣ではない、ってね。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-01 23:21 x
つまり、共産党という名前は、共産党だけのものではなく、人類共有の財産としての名前なのさ。だから、それを共産党が勝手に変えることもできないよ。変えたら、人類の夢を奪うことになる。だから自信をもって、党名を誇ろう。人類が到達するだろう未来を指し示す党名として、胸を張ろうではないか。ここは、迷わず、断固として守り抜くのだ。(今回のコメントは、これでいったん終わり)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-01 23:47 x
一連のコメントのいったん終了を宣言したのに、ほんとに最後の追加を。前回のブログへの某氏への返事で、以下のくだりがあったが、これはいけません。
「共産党の場合、議員や候補者というのは1つの役割分担に過ぎないんです」
役割分担はもちろん必要だし、その認識をきっちりもっておくことは大事だが、それを「過ぎない」と考えちゃだめ。役割分担にもとづく、チームワークが必要で、それが最大限に発揮できるのは、各自がそれぞれ相対的に独立した主体者になるとき。「役割分担の担い手であると同時に、党員一人ひとりの持ち味を最大限発揮できる組織をめざしています」ということろ。滅私奉公ではいけませんよ。(では、ジ・エンド)
Commented by 戦前派 at 2017-11-02 01:06 x
共産党は戦前には権力者の抑圧があったにしろ、国民から遊離して自滅しました。なぜ遊離したのか、その自覚は今も持っていません。
前衛などと言って国民を導くという考えはずっと続いています。機関誌も現在でも『前衛』です。
また、共産党の組織も「書記局」などと訳の分からない集団が実権を握っています。今では「書記」なんて職名は民間には存在しません。
「共産」などはたんなる訳語であってそれ自体にはマルクスの考え方はありません。協同とかなんでもいいわけです。
国民が持っている「共産党」という名前へのアレルギー、それを克服できないようでは永遠に政権に近づけないでしょう。
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-02 08:56 x
昨日は、ゆるサポくんのコメントが最後かと思っていたら、午前一時にコメントされた熱心な方もおられたのですね。たいへんたのもしい限りです。この方も、おしゃっています。
「国民が持っている「共産党」という名前へのアレルギー、それを克服できないようでは永遠に政権に近づけないでしょう。 」
ということで、こういう方にも、ぜひ、そのアレルギーを克服するために、ご努力願ってはいかがでしょうか。アレルギーですから、党名を変えるのではなく、アレルギーを克服するということですね。共産というと、こわいとかいう、アレルギーがあるが、それは「分断」とか「独裁」ではなく「協同」という考え方をもふくんだもので、こわいものじゃないんだ。香西さんも、そういうことを訴えたいのじゃないのかな。党名を変えたら、アレルギーを克服する努力は不要になる。しかし、このアレルギーを克服する努力こそ、御党に課せられた課題であり、わたしたちも考えなければならない問題でしょう。(再度、ジ・エンド)
Commented by kouzai2007 at 2017-11-02 14:46
> ゆるサポくんさん
おっしゃるとおりです。私たちが胸を張っている理由をここで書いたつもりです
Commented by kouzai2007 at 2017-11-02 14:47
> ゆるサポくんさん
序列はないということを強調したかっただけです。もちろん党員の個性を尊重いたしますよ
Commented by kouzai2007 at 2017-11-02 14:49
> 戦前派さん
コメントありがとうございます。アレルギーの根っこになにがあるのか、また別に考えてみましょう
Commented by kouzai2007 at 2017-11-02 14:49
> ゆるサポくんさん
アレルギーの実体はなにかを明らかにすることからですかね
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-02 21:43 x
たしかに、アレルギーの実体、その中身がなにか。これを多面的に分かりやすく明らかにすると、その対策も的を得たものになりますね。人がそれぞれ個性を持っているように、人によってアレルギーの中身は、それぞれ違うはず。アレルギーを「無知」の一言ですましたり、アレルギーで反発してくる方を、はなから「反共」でひとくくりしたりすることを克服せねば。そういう接し方が、アレルギーの再生産を一部はしていたのかもしれない。共産党アレルギーは、歴史的に形成されたものですから、ちょっと話をしたくらいでは、いちどきになくなるということはないし、むしろこれからも長く長くつづくと思う。つまり、このアレルギーに対する克服活動そのものが、社会進歩のための活動の一環で、百年や二百年は継続するつもりの課題にするといいですね。共産党アレルギーは、日本の封建時代が欧米列強よりも長く続き、明治維新の政治的推進者が下級武士であったこととも関連しますね。ヨーロッパ諸国では、ナチや極右は別として日本のような共産主義に対する偏見は少ないはずです。(再々、ジ・エンド)
Commented by ゆるサポくん at 2017-11-02 23:23 x
共和という用語は、司馬遷の史記にでてくるそうだが、共産という用語を使った啄木の歌を見つけました。

平手もて
吹雪にぬれし顔を拭く
友共産を主義とせりけり
(1910年「一握の砂」から)

共産という用語は、さらにもっとも前から、日本の文献に出てくる。

だから、共産という用語は、共産党が出来るずっと前から、けっこう使われていたんだね。
(再々再、ジ・エンド)

Commented by ST at 2017-11-03 11:14 x
ちょっと話が筋から外れますが… マルクスもエンゲルスも「資本主義を徹底的に分析」してはいないと思います。
通貨発行権(民間発行である事、信用創造、債務通貨である事等の)最も根幹的な部分の分析をしていないので…
Commented by 共産党サポーター0 at 2017-11-03 13:47 x
 日本人のなかには、日本共産党の事を知らない人はたくさんいます。そして、共産党の名前を変えないその頑なな姿勢に、違和感を持つ人も多くいるのではないかと思います。やはり、歴史は重いもので、共産主義=神国日本にとっての異物として排除されてきた、雰囲気というものでしょうか、広く社会に蔓延している考えていました。ところが最近、某高校での模擬選挙結果で、投票800人中比例で共産党と書いた生徒は25人、自民党は半数を超えていたということを知りました。こうなると、神国云々、反共攻撃ではなく、共産党の事、主張、魅力が伝わっていない、共産党は、高校生たちの意識外にあるということに気づかされました。これは、高校生に限らないことですね。
 名前を変えないことだって、キリスト教がキリスト教のままであることと同様だ、なんて考える人たちもいるでしょう、そんな日本にあって、目標とロマンを持ち、党名を変えないで活動を続けるには、多くの人のこころを動かすようなことをやっていかなければならない、ということだと思います。
 私は、父が党員であることもあって、共産党は身近であり、党の主張は理路整然として間違っていないため、共産党を強く支持しています。
 しかし、党名を変えないために正しい主張が得票に繋がっていない現実には、大いに不満を感じます。市民の身近にあって、正しい主張をする頼もしい存在として、共産党を知り、感じてくれる人が多くなれば、党は躍進するもと思っています。そのために、共産党サポーター制度を早期に立ち上げてほしい。
Commented by 青木建 at 2017-11-03 22:54 x
私は53歳ですが、共産党に投票するまで、30年かかりました。震災がなければ今でも選挙に行かなかったかもしれません。
20歳位には、共産主義の考え方には魅力を感じていたし、資本主義の行く末に懐疑的だったにも関わらず。
高校の模擬投票のコメントにあるとおり、それが現実です。有権者も支持している党には勝ってもらわないと本当に困るのです。
また、ハッキリ言って無党派層、選挙に興味がない方々は、そんなに難しい理屈を言っても無理です。しかしながら、彼等の支持が無いと勝てないのは分かり切っている。
そうこうしてる内に、自民党は改憲工作員にAKBを投入してきましたよ。
見事過ぎます。
あなた方の拘りは分かりますが、勝てない党には投票し続けられません。
Commented by 青木建 at 2017-11-03 22:54 x
私は53歳ですが、共産党に投票するまで、30年かかりました。震災がなければ今でも選挙に行かなかったかもしれません。
20歳位には、共産主義の考え方には魅力を感じていたし、資本主義の行く末に懐疑的だったにも関わらず。
高校の模擬投票のコメントにあるとおり、それが現実です。有権者も支持している党には勝ってもらわないと本当に困るのです。
また、ハッキリ言って無党派層、選挙に興味がない方々は、そんなに難しい理屈を言っても無理です。しかしながら、彼等の支持が無いと勝てないのは分かり切っている。
そうこうしてる内に、自民党は改憲工作員にAKBを投入してきましたよ。
見事過ぎます。
あなた方の拘りは分かりますが、勝てない党には投票し続けられません。
Commented by coconyer hashimo at 2017-11-04 12:30 x
この前志位氏のツイッターに、党名の件を質問したところでした

このブログを読ませていただき、
私はそれほど共産党という名前に恐ろしさがあるわけではないですが
それでも「日本共産党」という名前は世界の他国の共産党の日本支部のようなイメージが強いので
「共産」を残して変えることは考えられませんか、「元祖共産党」とか
「頑固共産党」とか 「原理共産党」とか
「民主共産党」とか「共産民主党」とか…

共産主義を第一に打出しても、世界でもあまり成功例がない(キューバくらいですか)ので、現状否定や理想論に聞こえ、あまりアピールしないと思います
資本主義自由主義は清濁合わせながらも、現状を治めている現実論です、自己責任や競争論理が強すぎるところを軌道修正する
修正資本主義でやっていくほうが現実的ではないかと思います
共産主義は宗教のようにも思います
政策的には集票できる党なのに、こだわりや自己満足で、得票できず議席をのがす党しか受け皿がないとしたら、
投票する側の私たちも不幸だと思います


Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 14:47
> ゆるサポくんさん
「共産党をアカなんていって差別していた時代もあったねえ」という時代も近い。あらゆる努力でそうなるよう頑張ります。お力おかしください
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 14:51
> STさん
資本主義の最も基本的な、土台の部分を明らかにしたということがいいたかったのです。すごくひらたくいえば、資本家の儲けはどうやって、なぜ生まれるのか、ふやすのか。そのことが社会や経済、政治ににどんな影響をおよぼすのか…
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:08
> 共産党サポーター0さん
 党名からくるアレルギーとという問題と、知る機会が少なく魅力が伝わっていないという問題は別ですよね。いづれにせよ、正しく伝える努力、たくさんの人に伝える努力をやる以外ないと思っています
Commented by kouzai2007 at 2017-11-04 15:11
> 青木建さん
共産党を選らんでいただいてありがとうございます。AKB効果がどれほどなのかはわかりませんが、これ以上、安倍政権に好き勝手にやらせていてはいけないという気持ちは共有できるのではないでしょうか。私たちも必死に努力します。お力をおかしください
Commented by サポーター0 at 2017-11-05 00:28 x
アレルギーを気にせず、党の事を多くの人によく知ってもらいましょう、というのが私の意見です。恣意的に正しい情報が流されていないことが、共産党の支持が増えない要因だと思っているからです。
by kouzai2007 | 2017-10-31 16:13 | this is日本共産党 | Trackback | Comments(21)

日本共産党品川地区委員長(衆院東京3区予定候補)が共産党を丸ごと知ってほしくて書いてます


by 香西かつ介
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31